Pages

  • Twitter
  • Facebook
  • RSS Feed
TAMU/SLOW START
個人的には正直なところ、一度聴いて終わりです。。。

INGLORIOUS BASTARDS/INGLORIOUS LP
hi-defさんのラップ、カッコイイ。

Metronomy/English Riviera 

Tim Hecker/Harmony In Ultraviolet 

Gil Scott-Heron & Jamie xx/We're New Here

Bon Iver/Bon Iver

Shuta Hasunuma/OK Bamboo
かなり電子音楽的なアプローチなアルバムだけど、ポップ感というかちょうど良いポップ感もあって、何度も聴いています。

Shuta Hasunuma/Shuta Hasunuma

関係ないけど、蓮沼執太フィル名義の音源出して欲しい。

 Hair Stylistics - Monthly Hair Stylistics Vol.2/GRACIA A LA VIVA

Hair Stylictics/Monthly Hair Stylictics Vol.3 - Hard Marchen 

Hair Stylictics/Monthly Hair Stylictics Vol.4 - Electric Success in the Ghetto 

Hair Stylistics/Monthly Hair Stylistics Vol.9 - Loops 

Hair Stylistics/Monthly Hair Stylistics Vol.10 - Singing For The Justice

Hair Stylistics/Monthly Hair Stylistics Vol.11 - I was GAY 

Hair Stylistics/Monthly Hair Stylistics Vol.12 - BADS
マンスリーシリーズは、コンプリートしました!

新世紀エヴァンゲリオン

10/21松江泰治@izu photo museum
馬喰町のTARO NASUの展示では、プリントがもっと大きければと思っていたけれど、今回の展示では、大きなプリントが中心で、全然見え方が異なっていて面白かったです。

水戸芸の大友良英さんのアンサンブルズ展を観た後に、音の聴こえ方が感覚的に変わったように想えたように、izu photo museumで松江泰治さんの展示を観て、帰りに風景として何気なく見えた電線や民家の見え方が感覚的に変わった気がして、優れた芸術ってこういうことなのかなとも思いました。

ちなみにこの日のデートコースとして
電車で沼津駅まで移動

レンタカー借りて、沼津港でご飯
(ちなみに個人的には沼津はお刺身よりも、断然干物系が美味しいと思います)

izu photo museum
http://www.izuphoto-museum.jp/

とらや工房
http://www.toraya-kobo.jp/

伊豆の日帰り温泉

沼津駅まで戻って、電車で帰る
コースでしたが、結構オススメです。
本当は、ランチは沼津駅の山王
http://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22020627/
に行きたかったし、あと駅前のhal
http://hal2003.net/
に行きたかったのですが、どちらもちょうど定休日で行けませんでした。

Bar Issheeの山本精一さんのライブ、途中右手が痺れ出して、指で他の指を触ると、ビンって今まで体験したことのない触り心地がして、本当に身体が壊れ始めたと思ってしまった。
アンプが燃えて(焦げて?)終わるライブなんて初めての体験でした。高周波(?)のノイズの音は、
本当に耳が耐えられるのかなとちょっと怖くもなるライブでした。
10/22山本精一「パノラマ・ノイズ・パラダイス」@bar isshee

youtubeの配信を見て、逆に行きたくなってしまって行ったという。
池田さんの音楽にFUNKTION-ONEは、えげつなかったです。空気までデザインされていた印象。
10/26池田亮二「Ryoji Ikeda datamatics [ver.2.0]」@WWW

ノリ的に好きじゃないんですけど、一応、渋谷に行ったついでに・・・。
10/27シブカル祭@渋谷パルコ
http://www.shibukaru.com/


-twitter-
うわー、ヤフオクでCDを買ってくれた人に送付先を聞いたら、少年院だった!なんかアガった!!!

軽くおさぼりしながら、ヨドバシカメラでイヤホンを視聴してたのだけれども。オーテクのイヤホンをもうちょっと安くなりませんか?と店員に聞いたら、すごい勢いで「高いのはうちらのせいじゃなくて、オーテクの圧力ですから!」みたいなこと言われました。

池田亮司さんのライブで、精魂抜かれた感じ。。。


-tumblr-
”男→女 への「全然太ってないよー、俺はそのくらいが好きだよー」 の逆verを色々と出し合ったんだけど、 「○○くんの給料、全然低くないよー、アタシそのくらいが好きだよー」かなあ、という結論に落ち着いた。ウザさとイラッと感と、超絶他人事感という”
akiko_saito daily - twitter名言集 2012年6月
http://naoki681.tumblr.com/post/34259875192/ura-rin

”「辛いのはちゃんと向き合ってるから。怖いのは進んでるから。だから大丈夫」”
Twitter / 言葉
http://naoki681.tumblr.com/post/34290341260

”二人の関係が二人にしかわからない理由でずっと続けばいい”
Twitter / ちほ
http://naoki681.tumblr.com/post/34290500211

Bushmind/Da Mobbstarr Bench 

KRBT/the scenery in....

Bill Wells & Maher Shalal Hash Baz/Osaka Bridge

Maher Shalal Hash Baz/faux depart 

Maher Shalal Hash Baz/Maher On Water

Maher Shalal Hash Baz/マヘル国立気分
上のアルバムとは関係ないけど、この曲が一番好き。

MUTE BEAT/MARCH 

MUTE BEAT/LOVER'S ROCK

MUTE BEAT/LIVE

MUTE BEAT/14 ECHOES + 1

Fenn O'Berg/The return of Fenn O'Berg

MGMT/Oracular Spectacular 

MGMT/Congratulations

Washed Out/Within And Without

Tyler, The Creator/Goblin

ECD/LIVE IN JAPAN

ECD/ECDVD


根本敬 湯浅学/ドントパスミーバイ
根本敬さんを無意識に追いかけてしまう自分に対して、どうしてなんだろうと悩んでいるけど。
一青窈さんが根本さんを好きな理由を「そこに山があるから登るみたいな感じですよね」
とおっしゃっていて、かなり救われました。


魔法少女まどかマギカ
けいおん!→ハルヒ→化物語と観てきたけど、まどかマギカが一番好きかも知れないです。知人からは3話から面白いと言われてたけど、なかなか魔法少女にならないまどかがうざいなぁと思ってたんだけど、6話ぐらいから止まらなくなって、10話ぐらいからの核心の話になって、ほむらちゃんへの気持ちが抑えきれなくなりました!!!

箕浦建太郎「空」@CULTIVATE


-twitter-
電車の座席に、こんな紙が置いてあったのですが、どうすればいいのかな。


-tumblr-
”僕はもう輝きたもくない。
キラメキたくもない。ただ驚いていたい。
ショックを受けていたい”
灰野さん語録
http://naoki681.tumblr.com/post/33747582186

”冤罪で逮捕して、ひとりの人生を台無しにして、警察が「ゴメン」で済んでしまうので、「ゴメンで済めば警察はいらない」ですね”
Twitter / onewmy92
http://naoki681.tumblr.com/post/33865948319
かせきさいだぁ/ミスターシティポップ

寺尾紗穂/青い夜のさよなら
今回のアルバムは、七尾旅人、Crystal、キセル、イルリメとかとも絡んでるのですが、
どうせなら打ち込みとかだったらBushmindさんあたりに頼んで欲しかったと思いつつ、
メジャーから出していることも考えると、こっち路線なんでしょう。
それにしても、自分は寺尾さんはシンプルにピアノの弾き語りが好きです。

THE LEFTY×Atsuhiro Ito×Fuyuki Yamakawa/Live@Asia 

高橋悠治/ATAK006
この作品は、高橋悠治さんの25歳のときにテープで録音していた電子音楽の処女作から、80~90年代の作品まで入っていて、集大成的なアルバムとのことなのですが。正直、集大成って感じで、あまりアルバムとして楽しめなかったかも知れないです。

高橋悠治+渋谷慶一郎+maria/ATAK007
ATAK006に比べて、「現在音楽」って感じで、アルバムとしても纏まっていてすごく聴きやすいです。
というか、音源自体もそうなのですが、この新宿ピットインのライブ、物凄い貴重な感じ。
2006年というと、まだ電子音楽なんて聴かずに、余裕でレッチリとか聴いてたような・・・。

ATAK006,ATAK007にはちょっと関係ないけど、高橋悠治さん。

Keiichiro Shibuya + Norbert Moslang +Toshimaru Nakamura/ATAK008
ATAK007もそうだけど、この作品もヘッドホンで爆音で聴くと、かなり気持ち良いです。
中村としまるさんは、海外では知名度高いのに、なんで日本では評価が低いんだろう・・・。

Yasunao Tone, Otomo Yoshihide, Jim O'Rourke/3-Part In(Ter)Ventions
アルバムとは関係ないけど、下のライブ、最前で観てたけど、結構つまらなかったんですよね・・・。
アート的で済まされてしまう即興演奏と、心が揺さぶられる即興演奏って紙一重な気がする。

Martin Tetreault, Sachiko M, Yasuhiro OTANI,Otomo Yoshihide/Four Focuses
Hair Stylistics/Final Violent Shit
きゅんとしてしまう。。。

MSC/新宿STREET LIFE

ele-king vol,2 

ele-king vol,3 

ele-king vol,4

太宰 治/人間失格

こだま和文@音楽実験室・新世界


-twitter-
今日はこだま和文さんのライブ。最後に観たのは仙台のdroom。もう、何年前なんだろう。

こちらダブステーション。こちらタブステーション。

久しぶりに生で聴いたこだまさんのトランペットの音が、まだ残ってる。なんか、「スキル」じゃなくて、「たたずまい」っていう気がする。


-tumblr-
”「事前に知ってれば、ちょっと行ってみようかなと思うようなイベントを、知らないままスルーしちゃってたよ」みたいな可能性の贅沢を通りすぎていく暮らしが東京でだけ可能なのだよ。”
Twitter / matakimika
http://naoki681.tumblr.com/post/33333263858

http://www.flickr.com/photos/acb/4141891219/
http://naoki681.tumblr.com/post/33471126198/ringo-deathstarr-at-reverence-2-at-the-ica

”推しがアイドル辞めて取り残されたオタを”遺族”って呼ぶのヤバいと思った”
@haraqlo
http://naoki681.tumblr.com/post/33471675238
 
© 2012. Design by Main-Blogger - Blogger Template and Blogging Stuff