Pages

  • Twitter
  • Facebook
  • RSS Feed

20111009-20111015

 
UG KAWANAMI/Bootleg
HIRATUKA DECODERのリリース記念に制作されたMIX CDとのこと。
一曲目からKIDS ON A CRIME SPREEだったりして、いつも通りサイコーなmixです。


DJ YODEL/mix CD vol.2(TRASMUNDO only)
前作「wonder wheel」に引き続き、ヒップホップをベースにsoulからラテンまで。これ、TRASMUNDOに通っている一部の人達しか聴いてないなんて、もったいないです。


これは恋ではない/小西康陽
Roger Nichols & the Small Circle of Friends/Small Circle of Friends
小西さんの「これは恋ではない」は以前STUDIO VOICEの本の特集でStruggle for Prideの今里さんが紹介していた本でずっと気になっていて、やっと読んだのです。
自分は勝手に、小西さんというのは完全にシステムや権力の人だと思っていましたが、全くそんなことなかった。
自分は、別に小西さんみたいな生活をしたいわけじゃなくて。自分だけの追い求めたい理想や美学を追い求めていたいだけだけど。きっと、この本は何度も読み返すような気がする。
そして、Roger Nichols & the Small Circle of Friendsのアルバム。ソフトロックの名盤として名前は聞いたことはあったけど、なんとなく聴いてこなかった。そして小西さんの本に載ってたのをきっかけで、今回ちゃんと聴いてみました。なんだか二年前ぐらいに、同じように知ってはいながら聴いてこなかったbeach boysの「Pet Sounds」を聴いたときのことを思い出しました。今回は、そのときの衝撃以上の体験だったかも。
改めて思ったことだけど。優れた音楽というのは、ライフスタイルさえ変えてしまう気がします。夜に聴くのもいいけど、この前なんとなく日曜日の朝に聴いたら、なんだか感じたことがない日曜日がやってきた気さえしました。


フェスティバルトーキョー『風景画-東京・池袋』
Chim↑Pom展「SURVIVAL DANCE」at無人島プロダクション
フェスティバルトーキョーの『風景画-東京・池袋』は、確かにセリフも役者の動きも、西武池袋店の屋上で爆音のノイズが鳴ったことも、池袋の夕陽がリンクしていたことも、全てがアートだったかも知れないけど、正直、自分は何も感じなかったのです。
そして、そのあとのChim↑Pomの展示。彼らの表現はいつも過激で、否定的な見方をする人がいても、それは当然だと思う。でも、彼らの表現の根本には、彼らなりのメッセージがあることがちゃんとわかるし、伝わってくるから。自分は全面支持です。
なんだか自分が好きな表現について、改めて考えさせられる二つの体験でした。


kuruucrew/grind mirror ball
まず、ジャケが怖い。そして、ファーストよりもノイズは凶暴になりながらも聴きやすくなってます。
アルバムのゲストも54-71のビンゴさんとIncapacitantsというのもkuruってますね。
そして、今考えると去年のレコ発がTADZIO→OOIOO→MOST→kuruucrewって、kuruってましたね。


TADZIO/TADZIO
個人的にギターとドラムの女の子二人組は苦手意識があって敬遠してたのですが、歌詞の良さでそんなの吹き飛びました。
-------------------------------------------
このクソブス女 調子こいてんじゃねえ
お前のでっぱが 刺さって殺される
-------------------------------------------
お・前・の脳みそどこだー!!!
何を言ってもわからない 笑ってばかりで分からない
あなたの思いはなんですか?
感情 行動 言動 性格
ファッキューファッキュー アイラブユー
-------------------------------------------
おまえはブスだけどキレイ
だからあいつはステキなの
あたしはキレイだけどブス
あいつはあいつはビーストマスター
-------------------------------------------
そして。momo-chanは男子の味方ですね。


Ty Segall/Goodbye Bread
個人的には近年まれにみるハイレベルのやさぐれ度で、是非とも京成立石駅は彼らを街のテーマ曲として担いだほうが良いかと思います(適当)。


RINGO DEATHSTARR/COLOUR TRIP
シューゲイザー、ドリーミーポップ、キラキラなサイケ。
そしてアレックス嬢が、完全に男子の味方です・・・。アレックス嬢がもっと歌ってくれれば、もっと好きになるのに。。。


Flying Lotus/Cosmogramma
やっぱりどんなに遅くなったって、WARP関連は通らなきゃマズいですね。


ハナレグミ/オアシス
弾き語りのアルバムを希望します!


Tahiti 80/Single club
良い曲が多すぎます。


Filament/29092000
Keith Rowe, Oren Ambarchi, Sachiko M, Otomo Yoshihide, Robbie Avenaim/Thumb
今週のSACHIKO Mさん関連コーナー。最近、好きなミュージシャンは?って聞かれたときはSACHIKO Mさんと答えています。


(またしても)箕浦建太郎/東京 at CULTIVATE
メモ:女の子を当日デートに誘うのはNG。最低でも一週間前には誘うように。女子は準備が必要。


すいか(第一話~第八話まで観ました)
とある人に勧められた「すいか」というテレビドラマです。オープニング・エンディングのCGのしょぼさにビックリしてしまい、観るのをやめようかと思ったけど、なんとなく観てたらはまってしまいました。1話1時間という中で、なんとなく考えさせられるテーマをなんとなく観る時間は、全然悪くないです。
そして、市川実日子さんは、いつでも男子の味方です!
 
© 2012. Design by Main-Blogger - Blogger Template and Blogging Stuff