Pages

  • Twitter
  • Facebook
  • RSS Feed

20110904-20110910

 
HIRATUKA DECODER。UG KAWANAMIさんプロデュース。
きっと同年代で、自分達の気持ちを代弁してくれてる。


UG KAWANAMI / 斜陽
インディポップ、インディロックへの愛、そして本質的なreggaeへの愛が感じられます。


Mass-Hole a.k.a Blackass & DJ Serow / Number Shot Vol.4 Sweet Soul Bros
全方面から気持ちよくさせてくれます。Mass-Holeさん関連の作品は外れることはない気がする。


ILL FANTASTICO / STEAL MY SUNSHINE. VOL.2
セミニシュケイ関連で、女の子DJと言われると、もう買ってしまいます。


ウルトラミラクルラブストーリー
とにかく。とにかくバックの音楽が素晴らしいです。別に大友良英さんびいきじゃないです。松山ケンイチさんが無邪気に走りまわっているバックでサインウェーブがなるシーンなんて、本当に気持ちよくなってしまいました。

Bear Pond Espresso/LIFE IS ESPRESSO 
オーナー・バリスタの田中勝幸さんのこれまでの半生、ベアポンドのこと、エスプレッソのこと。
自分が今、下北沢の近くに住んでいる理由はベアポンドのため、だったりします。そんな自分を少し誇りに思います。


高城 剛/私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明
絶対に世間から誤解されている人。感覚を大事にしていて信頼できる人。
読んで、良い意味でリセットできたかも知れない。



373さんデザインのTシャツを、Los apson?で2枚買ったのでした。


【オシリペンペンズPresents 超能力 vol.2020年の挑戦】@UFO club
インキャパシタンツは、7月末に観たときのほうがよかったかも。どちらのライブに共通していることは、まだちょっとエンジンがかかっていない気もしました。
でも、ライブ終盤でコサカイさんがアンプ持って客席に乱入して、終わり方が機材卓をちゃぶ台返しで、なんだか新しかったです(いつもは機材宅にダイブ)。

オシリペンペンズ。ライブ前にお決まりでモタコさん嘔吐&放尿。ペンペンズって絶対に誤解されてて、おかしいのは最初だけで、ライブが始まればとてもまっとうなバンドなんだと思います。キララさんのギターが相変わらず気持ちよかった。

※映像は前回の超能力のものです。
 
© 2012. Design by Main-Blogger - Blogger Template and Blogging Stuff